◇ 最高裁平成13年6月12日第三小法廷決定 平成13年(オ)第101号・(受)第80号損害賠償請求上告及び上告受理申立事件

             決     定
    東京都文京区音羽2丁目12番21号
          上告人兼申立人     株 式 会 社 講 談 社
          同代表者代表取締役   野   間   佐 和 子
    東京都文京区音羽2丁目12番21号 株式会社講談社内
          上告人兼申立人     森   岩       弘
          上記両名訴訟代理人弁護士
                      河   上   和   雄
                      的   場       徹
                      山   崎       恵
                      成   田       茂
    東京都品川区東五反田1丁目2番38号
          被上告人兼相手方    宗 教 法 人 幸 福 の 科 学
          同代表者代表役員    大   川   隆   法
 上記当事者間の東京高等裁判所平成11年(ネ)第3668号損害賠償等請求事
件について,同裁判所が平成12年10月25日に言い渡した判決に対し,上告人
兼申立人らから上告及び上告受理の申立てがあった。よって,当裁判所は,次のと
おり決定する。
            主     文
       本件上告を棄却する。
       本件を上告審として受理しない。
       上告費用及び申立費用は上告人兼申立人らの負担とする。
            理     由
 1 上告について
 民事事件について最高裁判所に上告をすることが許されるのは,民訴法312条
1項又は2項所定の場合に限られるところ,本件上告理由は,違憲をいうが,その
実質は事実誤認又は単なる法令違反を主張するものであって,明らかに上記各項に
規定する事由に該当しない。
 2 上告受理申立てについて
 本件申立ての理由によれば,本件は,民訴法318条1項の事件に当たらない。
 よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。
  平成13年6月12日
    最高裁判所第三小法廷

        裁判長裁判官     千   種   秀   夫
           裁判官     金   谷   利   康
           裁判官     奥   田   昌   道

 
「希望の革命」ページへ戻る
 
宗教法人幸福の科学法務室ホームページ